2009/04/23

本日はA氏撮影

先日の素焼きを終えた湯呑みを絵付けしてます。
内側はドット、外側は雲の絵。
このあと雲には「ダミ」という作業をして
(太い筆に呉須を含ませて行うぬり絵みたいな作業)
絵付け完了です。

「旦那がロクロひいて母ちゃんが絵付けしよらい」
窯元の家内手工業ぶりを表す言葉(伊予弁)です。
砥部ではこういう窯元が今もたくさんあります。
家業として職人としての器がごく当たり前に生まれてくる場所。
それがやきものの里なのですね。

0 件のコメント: