2009/07/18

暑いし熱いし

ガス窯を焚く時にはこの種火を使い
順々にバーナーへ点火するのであります。
そしてガスの圧力を調整し窯の温度を上げていくのです。
ゴォォ・・・・と低い地鳴りの様な音をさせながら
窯の温度はどんどん高くなっていきます。
本日昼間の工房内は35度を超え
扇風機に当たっていても汗がじわり。
そんな日の夕暮れに飲むビールは
五臓六腑に染み渡る命の水なのであります。
くぅぅ〜。。。

0 件のコメント: