2010/03/22

濱田亨展

黄砂舞う日曜日。
県美術館で開催中の濱田亨展へ。
約40年間の平面、彫刻作品が一同に介し
作品の変遷も見て取れるのも興味深いです。

抽象が具象よりも具体的だったり
具象が抽象よりも難解であったり。

2 件のコメント:

マダ~ム いか さんのコメント...

私たちは日曜日お昼前に行きました。
偶然の出会いができなくて口惜しゅうございます。

画伯は夫の高校時代のクラスメイト。
他の友人たちは作品をお買い上げ&協賛してるけど、我が家は「欲しいなぁ~」と私が言うだけ。

トオル・ハマダも、ムッシュ・フミフミのオブジェも深い。

そういえば…リブアートから『あんよ』を連れて帰らなくては!

スギウラ工房 さんのコメント...

マダ〜ム いか様
私たちはお昼過ぎに参りました。
お会いできず残念でございます。

画伯とは5,6年ほど前にお会いして以来です。
マダ〜ムとそんなご縁があったとは驚き桃の木であります。

私のオブジェは個人的偏愛志向から抜け出せず
いけません。

「あんよ」の里親が早々に見つかったと
聞いていたのですがマダ〜ムだったのですね。
いつもありがとうございます。
色々なところに置いて、中の世界に飛び込ませて
楽しんでくださいませ。